ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

愛に時給はない

d0241656_11425965.jpg
年内の納品も終わり一先ず今年の
お仕事は終了。
(制作は年末年始関係なく続くよ)

イブから体調を崩してまして
皆が浮かれてる間、這いつくばりながら
フォークを彫ってました。ほぼ妖怪です。

大晦日に一年間有難うメッセージを
毎年書くのですが、大変な頭痛に悩まされてまして
記事がアップ出来ない可能性あり。
フライングで今言っときます
一年間有難う御座いました。よい年末を。

ちょろりと室内を掃除しましたら、僕が20歳の時に
彫った御椀が出てきました。(写真のやつ)
恥ずかしいので芽キャベツをこんもり入れて
ごまかしてますがこれはこれで良いです。

1000円の彫刻刀一本と
これまた1000円の小刀しか
持ってなかったので、ひたすらそれで削ぐ日々。
材はサクラ、同形を販売したので価格から
時給換算すると110円です。110円
やっぱり妖怪です。

ここから一ヶ月、木工に関しては
積み重ねてきたものを捨てようと思っていて
(整理ではなく破棄です)
下手にうまくまとめるなという事なんですが
ちゃんと向き合って戦おうと思います。
出鱈目なものを作る訳ではなく
心の持ちようですがその指針となる気がして
時給110円椀を眺めながら頑張ろうかと。

時給といえば、幼少の頃
“猫爺”という友達がいまして。
河原に住む、ヒゲの長い小柄な男で
僕の記憶では20匹弱の猫と暮らしてました。

ガキの自分にこの世の生き辛さと美しさ
絶望との付き合い方を教えてくれまして。
無色の河原に鮮やかなブルーシートが
綺麗に広がっていた事を今でも覚えてる。

あるとき、面倒な女の愛し方を説いてくれて
わからぬままうんうんと頷いていると
「愛にジキュウはでねえからな」と。

その後“テッキョ”というルールで
猫爺は河原から消え、猫も散って行きました。

ジキュウで計ったらいけない事もあるんだね猫爺。
愛をもって頑張るよ。







[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2017-12-27 12:17 | つらつら | Comments(0)

次から次へと

d0241656_09520150.jpg

冬到来。体のあちこちにエラーが。

唯一の工作機械である卓上バンドソーの絵梨香も
もはや一心同体。僕の不調を知ってか
ついに要が壊れやして。
修理を待ちながら他作業中でありやす。

こういう時の
“次の手”をいかに増やしておくかが重要です。

大きく木を切る、手で彫る、オイルを塗る
漆を塗る、研ぐ、和紙を貼る、和紙を折る
金属を叩く、くっつける、紐を撚る、縛る
染める、結ぶ、ガラスを切る、豚饅作る、食べる
包丁研ぐ、彫刻刀も研ぐ、お茶飲む
干し椎茸戻す。

一個二個止まっても全体が止まらぬように
どうにかこうにかしてゆかねば。

…なんて言いながら機械の故障で一部
ご迷惑をおかけしてますが
明日にはパーツが届くそうです。
危ねえ。

日曜日は手創り市。
年末といえば恒例の物々交換です。





[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2017-12-15 10:23 | つらつら | Comments(0)

鳥糞考

d0241656_11063762.jpg

ここに書いている事が嘘なんじゃないかと
疑われている。
そんなにハプニングが起きるはず無いと。

ここに書けるのは全体の一割ぐらいで
そのほとんどが“本当にダメ”なことばかりで
そんな人生なら鳥の糞に短時間で2度も
あたることぐらいあるわな、と
納得してもらえるんだろうけれど…。

んで今日の話。

先程郵便局に通帳記入をしに行き
帰りに久々に朝ガスト。
で、途中であたりました。頭に鳥の糞。
でたでた、虚言癖とお思いの皆様。
今日はリアリティのある発見を一つ。

“鳥の糞はあたってすぐ振り払うと
するっと滑るように払える”

払った手に少し付いただけで済みました。

…信じてもらえるかな。

情熱大陸よ、密着してくれ。
密着したら何も起きないんだろうけれど。





[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2017-12-08 11:17 | つらつら | Comments(0)

ILLでいる秘訣知ってる

d0241656_10352620.jpg

年末近づき体力も無くなり。
睡眠をいつもより多めにとってみたものの
中々どうして。

それならといつものオーバーヒート作戦で
寝れない夜に今まで避けてた
「AMY」を見る。
(エイミーワインハウスのドキュメント)

高校生の頃に聴いて、密かに恋焦がれた彼女だけど
“ああいう奴”特有の哀しいまでの才能で
瞬くまにドメジャーに行ってからは避けてしまっていた。
天の邪鬼だから有名になるとちょっと冷めちゃうんだな。
本当に子供だ。

で、やっぱり良かった。評判通り。
でも皆が哀しく切なく、苛烈なその人生を
締め付けられながら涙なくして…みたいなことを
言っていたけれど正直全くわからない。
そりゃそうなるわな、としか思わなかった。
充分っす。ってのが感想。
その感じが懐かしくて
だからこそすごい良かったんだけど。

ずるりずるりと引き寄せられた言葉は
“悪い奴は大体友達”なんかじゃなく
ILLでいる秘訣知ってる”だよ。

朝からずーっとループしてる。
理由はわからない。
シュトーレンなんていう似合わないもん
食いながら。

木いっぱい彫る。










[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2017-12-03 10:58 | Comments(2)