ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

愛に時給はない

d0241656_11425965.jpg
年内の納品も終わり一先ず今年の
お仕事は終了。
(制作は年末年始関係なく続くよ)

イブから体調を崩してまして
皆が浮かれてる間、這いつくばりながら
フォークを彫ってました。ほぼ妖怪です。

大晦日に一年間有難うメッセージを
毎年書くのですが、大変な頭痛に悩まされてまして
記事がアップ出来ない可能性あり。
フライングで今言っときます
一年間有難う御座いました。よい年末を。

ちょろりと室内を掃除しましたら、僕が20歳の時に
彫った御椀が出てきました。(写真のやつ)
恥ずかしいので芽キャベツをこんもり入れて
ごまかしてますがこれはこれで良いです。

1000円の彫刻刀一本と
これまた1000円の小刀しか
持ってなかったので、ひたすらそれで削ぐ日々。
材はサクラ、同形を販売したので価格から
時給換算すると110円です。110円
やっぱり妖怪です。

ここから一ヶ月、木工に関しては
積み重ねてきたものを捨てようと思っていて
(整理ではなく破棄です)
下手にうまくまとめるなという事なんですが
ちゃんと向き合って戦おうと思います。
出鱈目なものを作る訳ではなく
心の持ちようですがその指針となる気がして
時給110円椀を眺めながら頑張ろうかと。

時給といえば、幼少の頃
“猫爺”という友達がいまして。
河原に住む、ヒゲの長い小柄な男で
僕の記憶では20匹弱の猫と暮らしてました。

ガキの自分にこの世の生き辛さと美しさ
絶望との付き合い方を教えてくれまして。
無色の河原に鮮やかなブルーシートが
綺麗に広がっていた事を今でも覚えてる。

あるとき、面倒な女の愛し方を説いてくれて
わからぬままうんうんと頷いていると
「愛にジキュウはでねえからな」と。

その後“テッキョ”というルールで
猫爺は河原から消え、猫も散って行きました。

ジキュウで計ったらいけない事もあるんだね猫爺。
愛をもって頑張るよ。







[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2017-12-27 12:17 | つらつら | Comments(0)
<< 2018 次から次へと >>