ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

ARTS&CRAFT静岡終了と作品紹介

d0241656_149757.jpg


ARTS&CRAFT静岡、気持ちのいい天気の中での出展でした。
来場者の皆様や、この日のために色々と準備をしてくださった
スタッフの皆様、作家の皆様、有難う御座いました。

普段ではなかなかお話できない遠方からのお客様、作家さんと
作品を通して会話できたことが何よりも楽しかったです。
僕のことを知ってくれてる人が多い事にもビックリ。
(もう変なこと言ったり出来ないですね‥)
本当に充実した二日間でした。

なんだかあっという間の二日間でうまく言いたいことがまとまってなく
たいしたことが言えなくてすみません。
静岡の地で考えたこと、感じたことはまた作品に反映
されるかな。


ここで今日は作品紹介をしようと思います。
質問されることが多かったので。

d0241656_141056.jpg


蓋物

樹種: 月桂樹
サイズ: Φ5.5cm

決まった用途の無い蓋物。
自分の大切な物を。

膠を表面に焼付け、蜜蝋を摺り込んでいます。
失敗から生まれたテクスチャー。



d0241656_14104238.jpg


トレー

樹種: 桂、樺、月桂樹
サイズ: free

円が立ち上がったトレー

こちらも同じく膠焼付け。



d0241656_14111944.jpg


広口bowl

樹種:  イチョウ
サイズ: Φ17.5×5cm

元は白いイチョウを薄く希釈した鉄漿で少しずつグレーに。
ウレタンで目止めした上にクルミ油を塗布。



次回出展の機会があれば当ブログで紹介します。
今後とも宜しく御願いします。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-10-10 14:32 | お知らせ | Comments(0)

明日

d0241656_1954178.jpg


※最初に、前回鬼子母神手創り市にご来場くださった皆様、
スタッフ様有難うございました。
今後とも宜しく御願いします。

トレーを作ったらうまい具合に入れ子に。
そんなつもりはないのだけれども。

明日。静岡です。

今作業がひと段落して、休む暇なく出発です 笑

花器いっぱいもっていきます。


楽しみだ。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-10-07 19:54 | お知らせ | Comments(0)

カップ

d0241656_15424835.jpg


カップ

樹種: アフリカンパドック

サイズ:7×5cm

その名の通りアフリカの木。刃を入れた直後の木屑は真っ赤。
それはまるで鮮血のようで一瞬ドキッとする。
飛び散る木屑とイメージがリンクして木は生きていると
強く感じる。

残念ながらヒビがすごくて口縁部が大きく欠損。
(正しい使い方も知らない旋盤を使ったせいもあるが)
これはこれでいい気がするのでディスプレイで静岡に。
紫外線ですぐ茶褐色になるのも楽しみだし。

今週土日はARTS&CRAFT静岡です。
出発ぎりぎりまで作業をするようなので、ブログを更新できるか‥
もうすぐ新作が沢山出来るので事前に上げたい。

やっぱりテーブルの上は花器だらけ。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-10-05 15:44 | もの | Comments(1)

モノとお知らせ

d0241656_2155853.jpg


角皿(小)と菓子切

角皿  10×10×1.5cm
菓子切 0.5×10.5cm

おやつを食べる。
必要ではないけど大事なもの。

角皿、菓子切は日々形が微妙に変化しています。
作っていくなかで発見したこと、見えてきたことを
反映させています。

現段階ではこの形。完成なんてないんでしょうね。

またぎりぎりになって申し訳ないのですが、
明日雑司が谷手創り市に出展させていただきます。

そして、今も作業してます‥。
人間一人の限界。身をもって知りました。

明日と静岡。
是非お誘い合わせの上。お待ちしています。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-10-01 21:06 | もの | Comments(0)

ぽこ ぽこ ぽこ

d0241656_22461957.jpg


枯挿し

道に落ちている枯草をそっと拾う。
形だけになった姿に内包した時間を見る。




大抵僕が作るものは“これ”からできるものはなんだろうと
考えて出来ます。

初めて作ったボウルも60㎜弱の板材から作れる最大のうつわ。
豆皿も材木屋の方からのご好意でもらった端材が最初。

今でこそいろいろ考えながら作りますが、実はこれからできるものは
なんだろう方式のほうがしっくりくるんです。

大きな板材からパスタを盛るような皿の形に切り出し、
残った場所から小さな皿を作る。大体はこんな感じでなるべく
材を無駄なく精神で制作していますが、いつも手のひらに収まる
ような端材だけはなにも出来ずでした。

まあそこで適当に穴を開けてから花器の製作がいつの間にか
始まったわけですが、いま僕の小さな作業机をこやつらが
占領しているわけです。

ここ何日かアクシデント続きで、ボウル三つにヒビが入るわ
(限られた時間のなかコリコリ作ってる僕にはかなりの痛手)
初めて買った鑿が静かに壊れるわ‥

そんな中息抜きで作る枯挿しがいま一番楽しい。

静岡では“うつわ作る人”ならぬ“花器作る人”になりかねない。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-09-25 22:48 | つらつら | Comments(0)