ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

本日から。

d0241656_685458.jpg


本日18日~26日まで、静岡のaddition Neufさんで
「IRO」-colors- という企画展が始まります。

僕も50点ほど出品しています。遠方ですがお時間あれば是非。
とても“気持ちのいい”ギャラリーです。

そんな気持ちのいいところで展示させていただけるので、
今から顔を出しに静岡に行って参ります。

それでは。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2012-02-18 06:09 | お知らせ | Comments(0)

変わらない

d0241656_23303537.jpg


変わったのか。

枯挿しを作っています。

前のごつごつとしたものから緩やかなものに“変わっています”
小さなものでも作り続けると、削る回数や描くビジョンが少しずつ“変わります”

でもそういった試行錯誤?は一削りごとくらいにやっているので
大して気持ちは変わってない。
同じ花器を作ってる。

写真に撮ると全く別物に見える‥わけでもない。

名前も枯挿しだし仕様もそれほど変わらん。


ただなんとなく、ただただ特別な意味もないけれど、
心のなかで二代目と呼んでしまいました。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2012-02-10 23:30 | つらつら | Comments(0)

個性の認識

d0241656_5453386.jpg



茶匙

樹種:シャム柿


三日前から漆に挑戦し始めました。
と、いうのも本日卒業制作展に出展する作品の審査会
があり、その作品に漆を仕上げに使うため。

ぎりっぎりの日程で始め、なおかつ時期的に乾かない。
温湿度調整で作品につきっきり。
ましてやアレルギーのデパートのような自分。

製作中はうまくいくのか、かぶれにかぶれて挫折か‥‥と頭ぐるぐる。

うまくはいかなかったが、なぜかかぶれなかった。
(一回腕についたけど)

これって体質的にかぶれないってことでいいのか?
身体って難しいなあ。

にしても漆は楽しい。

手のひらのかぶれ探しをしている時にふと、強烈な思い出が蘇った。

まだ幼稚園に通っているとき、手のひらに絵の具をつけて
大きな模造紙にぺたぺたと手形をつける遊びがあった。

それは最終的に無数の手形でなんらかの文字を書く‥‥みたいな
ことだったと思う。

自分が押した手形の上に違う手形を押された僕は、すねて
教室の端っこの方に寝そべっていた。まだ覚えてるということは
そのことを根に持っているのかも知れない。

先生が模造紙の端と端を持って「完成!」と笑う。
群がるみんなの隙間から見えた図は衝撃だった。

点描式に描かれた大きな文字ではなく、無数の、ばらばらの手形が
目に飛び込んできた。

何時も鬼ごっこをする彼も、おもちゃの取り合いをする彼も。
おままごとでお母さんしかやらない彼女も、“す”が書けない子も。

みんな全く違う手だった(正確には同じにサイズ、しわだと思って
いたみんなの手が想定外の個性を持っていた。)

僕はそれに一種の恐怖のようなものを感じてたじろいでしまった。

手という自分の一部が輪郭として切り離されたとき、
それはもう一つの自分になる。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2012-02-07 05:46 | つらつら | Comments(0)

2012 2 2

d0241656_3445743.jpg

d0241656_3452318.jpg


最初にお知らせです。

2月18~26日静岡はaddition Neufさんで開催される「IRO」展に
参加させて頂くことになりました。
大変有難い機会。いいもの出せるように残りの日々がんばります。

本当に突然ですが、自分は人が好きなんだなと思いました。

今までは(人)というものをあまり好きではないと思っている、と
自分で思っていました。

多分捻くれた性格だからでしょうか。人の嫌なところばかりを見たり。
または馴れ合いを好まない自分がかっこいいとでも思っていたのか。

上の画像の小さな敷物は身近な人が作ったモノです。僕の出す端材で
羊毛などを染めて織っています。

なぜそんなに小さいのか、多く作るのか、作って何に使うのか。

これって無駄な質問なんですよね。
しゃべればしゃべるほどつまんないことです。
でもそれを無意識的に自分の制作物に対していつも投げかけてるんです。

ときにこういう作りたいから作ったモノ(なんでも良い訳じゃないけど)
をポンッと見せられると、うわ~! となります。

‥‥全然伝わらないか 笑

こんな感じで織ればこんなもんが出来るだろう。
これくらいのなら少ない材でいっぱい作れるな。
おっ。靴下に穴があいたらリペア出来る。

大きな機械が動いて一日に何千何万と同じモノが出来る。

小さな机で二本の腕と知恵で一つ二つとバラバラなものが出来る。

こんなことを考えるとなんだかニヤニヤしちゃうんです。
人がそこに生きてるなって。 

ここまで書いたとたんにもう一枚写真を紹介するのが恥ずかしくなり。
豚なのか猪なのか。どこの国‥?

なんだっていいや。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2012-02-02 03:47 | お知らせ | Comments(0)

d0241656_051584.jpg


積極的に更新するとは言いましたが‥‥。

作ったモノで上げられるものがなく今日は箱を。
真鍮の箱。それ以上の情報もなく。(自身の知識不足ですね)
しかし必要以上の無駄な装飾もなし、用途見えずですがだからこそ使える。

現在少しずつですが1, 2, 3, 4‥‥と新作を作っています。
その作るきっかけになった箱です。
(なんで作ってるかはもう少し後で)


さ、早く作って発表しなきゃ。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2012-01-27 00:05 | つらつら | Comments(0)