ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

たった一つの小鉢であろうと。

d0241656_2333211.jpg


小鉢

樹種:楢

使い道のない木材と言われ頂きました。
なんだか変な話です。責任もって使うから“材”なんでしょうよ。


この間定食屋に行きました。

なんでもない定食屋に行った。これは僕の中で贅沢極まりないことです。

リストランテなんとかとか、ほにゃらら苑などの遠い彼方にある御食事何処は
幻想ではないかと思ってるのでカウントはしません。
定食食べる。と、決めたのです。
(素うどんばかり食べて体調崩したのが動機)

注文するや、お通しで小鉢が出てきました。

なんか感動したんです。
あまりにお通しの出し方が自然で、温かくて。

何も言わずにそっと。いいですね。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-12-03 02:34 | もの | Comments(0)

病は心持から。

d0241656_149143.jpg

d0241656_1494286.jpg



また一つ反省しました。

ここ最近は大変有難いことに、僕の存在や作品を知っていただくことが
本当に僅かながらあり、恐縮というかビビっているわけですが
自身の気持ちの問題として“応えている”自分というのが
変に出てきてしまったかなと。

只木君、○○○○作ってよ → 僕でよければ良いですよー。

で作るものは自分にとっても気持ちが良いもんだし、
相手のことを考える時間は良い意味で悩める。

でもそれがちょっとしたこと、本当にちょっとしたことで
媚びを売る、顔色を伺うことに変わったりはしてないか‥と
久々に木を彫っていて思ったのです。
使い手である自分より、作り手である自分が半歩前に出てきた。
表現したいことなんかありゃしないのに。

ミルクピッチャーと言いたいですが、ミルクを珈琲に注ぐモノ。
捨てられていた身近な材料で、自分が欲しいものを作りました。
机の上で一人こつこつと。
よっぽどこっちの方が健康的だと思っています。

誤解のないように言いますが、誰かのために作るのが不健康だとは
思ってないです。むしろ声を掛けて頂くことは嬉しいです。

木工作家だとか造形師とかじゃなく、

よくモノを作るんです。好きだから。なるべく無理しないで、誠実にね。

‥‥っていう人でいたいです。


そんでもって長くなりましたが、12月18日に手創り市に出展させていただきます。

年収めも兼ねて、少し実験的な展示になると思います。
(徐々に明らかにしていきますが)

宜しく御願いします。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-11-30 14:18 | もの | Comments(0)

アナログ

d0241656_227721.jpg


作品集(portfolio)完成まで残り3%くらい。

画面を睨み、ゆーっくりとマウスを動かしながら
アナログ人間なりに作っています。

明後日には製本までもっていけそうなので
早いとこ脇に抱えて活動せねば。(謙虚に)
展示の時も持っていけるようにします。


話変わり。

普段頭が痛くなるほど悩み考えることが常ですが、
それすら超える雑念?煩雑な悩み。

爆発力不足。

もう圧倒的な質量の“なにか”が足りない。

20000キロ走るとか、世界中のゴミ拾うとか、50mのうつわ彫る‥とか。
多分パソコン作業のし過ぎ。

でもこの行動力に変わる力はもったいないからなにかやります。
さすがに上の三つはもう捌け口でしかないから、
身の丈にあったなにか人を幸せにすること(一番難しいけども)

それは親しい人の中での活動なのか、
はたまた次回出展する展示の場での制作物なのか。

何かやります。そしていい案があれば教えてください。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-11-24 02:28 | つらつら | Comments(0)

大きい板皿

d0241656_15215838.jpg



まるで新作のように紹介してしまいましたが、木のうつわを
作り初めて一ヶ月‥の時期のもの。

今見ると恥ずかしいけど面白い。

常に新作をここでお見せしたいのですが、いまネタ切れです‥。
(それ以外ならいっぱいあるのだけど)

作品集+やらねばいけないことが終われば随時。

因みに、もう一つのブログ?かたてま工房の方にはアップしました。
良かったら見てください。

かたてま工房
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-11-16 15:23 | もの | Comments(0)

改めて知る。

d0241656_3253179.jpg


詩人の長田弘さんが確かこんなニュアンスのことを書いていた。

覚えることは、失っていくこと。‥だったけか。


言葉にできないことが多々ある。

かつて体験した無名の黒人歌手の音楽。
湿っていて煙ったい濃密な音、声、リズム。
聴いてしまったが最後、背筋がビリリとし胸が熱くなる。

朝起きて湯を沸かす音も帰り道の澄んだ空気も。
血が生み出した音も自然の匂いも意識の半歩前に。
理屈ぬきに良いとはこのことだ。

言葉にした瞬間に安っぽくなる。
いや、言葉になんか出来ないのはわかっている。

人に伝えるにはどうしたら良いだろう。
未熟な僕は頭の引き出しを片っ端から開けて近い言葉を
ひたすらに並べる。だめだ。

言葉は失ったすべてを確認する手段なのだろうか。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2011-11-08 03:27 | つらつら | Comments(0)