ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

休憩所

d0241656_17251362.jpg



少し時間が出来たので病院へ。
薄々気付いていたがどうやらアルコールアレルギーらしい。
そもそもアレルギーをかなりの数持っていてるから驚きもなく、
そういった席以外では全くといっていい程飲まないので
別に困ってはいないのだけれど。まあちょっと気をつける。

僕はお酒の代わりにお茶と珈琲を飲みまくりますが
茶葉がいかんせん減らない。
原因は疲れてきたりストレスが溜まると
“やけ酒”ならぬ“やけ茶葉買い”をしてしまうからだ。

みどりのクラフトでの什器を考える。
ごちゃごちゃさせてもあれなんで今回はすっきりと。

茶葉を消費したいので当日は寄って頂いた方に
お茶でも淹れようかな。無料休憩所みたく。

写真は神代楡の皿。
オイルを塗るとあの銀鼠色みたいのが消えてどうかと思いましたが
少し落ち着くと重みのある色気が出てきました。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2017-03-31 17:46 | つらつら | Comments(0)

みどりのクラフト2017

d0241656_1325505.jpg

d0241656_13252943.jpg

d0241656_13251224.jpg


みどりのクラフト

4月15日(土) 16日(日) 10:30 〜16:30
埼玉県狭山市 狭山稲荷山公園 内


3月に入りブログもなかなか更新出来ず。
今日から来月に開催されるみどりのクラフトに向けて全速力。
昨年は強風の中でとても苦戦しましたのでその辺も対策しつつ
ゆっくりと見て頂けるようなブースにしようと思います。
(ゆっくりと見て頂けるよう数を作らねば…)

余裕があれば開催まで出品する物をブログにあげていきます。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2017-03-24 13:36 | お知らせ | Comments(0)

捉え方。

d0241656_15524091.jpg


直径60mmの小さな杯。
製作の中で出た端材を使い、寝る前の余力で彫る。

一つ一つは実用に耐えうるギリギリのサイズ感だし
(僕は基本的に小さいものが好きなんだけれど)
多分フェアとかでこっそりと並べるもの。

今年に入り4つ目が出来て重ねて見ると
なにかまた違った力が出てくるような気がする。
使えないかもしれないし、むしろ何よりも自由に使えるかも。
数の力というにはあまりにも少ないけれど
普段一点物ばかり作る僕は少し新鮮だ。

僕の作った物は僕が亡くなった後にどうなっても良いと
まだ思っているけれど、最近少しだけ100年200年先を
見てみたいと思うようになりました。

2月に入り体に蕁麻疹が出てて、飲み薬と塗り薬を
使っているのだけれど一向に改善されない。

身体的、精神的なものがすべて関係して出る症状だから
健康に過ごせば治るのかもしれないけれど。
ただ4つ目の杯を並べたのを見て蕁麻疹が治ったのは、
木の器を作ることは仕事以上の意味が僕にはあるのかな。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2017-03-01 16:20 | つらつら | Comments(0)

一日作業

d0241656_18594739.jpg

d0241656_18593075.jpg


朝起きて簡単な朝食を作った後、溜まった事柄に手を付ける。

8時から大判の布を5枚洗い干す。
その後天板と抽斗の壊れたテーブルを作業台として使うべく
大きな修理と掃除。(致命的な事が起こり結局これが使えず。)

お金と時間が…と泣いてもいらんないので製作途中だった
器を彫り進め、乾いた布を染めるついでに染色。
7月の個展に向け珈琲の油分を使って仕上げられないかと
あれこれしたがいまいち。
そうこうしているうちに日は暮れ、使えない(場所によっては使える)
作業台と仕上がってない器が目の前に。

各種支払いに行ってない事に気づく。
週末に納品もある。
ていうか確定申告まだしてないし…。

そしたら明後日来るはずの宅急便がきて
注文してた木箱が12箱届く。
明日はこれを洗って色を塗って…

今年も3月15日に税務署に駆け込む事になるだろうね。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2017-02-24 19:21 | Comments(0)

安っぽさ

d0241656_23582664.jpg


今年の展示関係の打ち合わせが少しずつ始まり
その中で木を彫り始めたきっかけ、続ける意味等聞かれる
事がままあるのだけれども、大抵はかっこつけた言葉を
ぺちゃくちゃ言っているだけですので皆様何となく流して下さい。
奥二重にグッと力をいれた顔を見れば「こいついきってんな」って
思われているのもわかっています。恥ずかしい。

ただ、うつわが作りたくて一番金の掛からない、
近くにあった素材が木であったと言うのは本当で、
もっと言えば一番色っぽく見えた素材が木であったこともある。
語弊があるかもしれないが焚火にでも焼べればすぐに灰となる
ところも好きだ。これは生み出す事の責任感の無さにも
関係する見方が出来るから慎重になるけれど。

手彫りとはいえ彫ってればいつかは形になるのだけれども
堅さとか、ちょっと億劫に感じる木材もあって最近はその辺に
向き合っている。道中大変だけれどもやっぱり出来た時は嬉しい。

出来うる中で質のいい物をと思い制作していますが
完成とする作品の姿に僕が願っている事として
安っぽい色気が現れたら良いなと思っています。
この“安っぽさ”をどういっていいものか頭を抱えるのですが。

歓楽街を写した昭和の写真を見たのですが
路地にある看板に「ネオンに轟くセクシー電波」と書いてあり
うまく言えないですがこういう事だと思いました。

こんな調子のまま、また二日後に打ち合わせをするのだが
大丈夫だろうか。ブログを書けば色々と整理出来るかと
思ったけれど結局とっ散らかった。
深夜にブログは書く物じゃない。
[PR]
# by yoshiaki-tadaki | 2017-02-13 00:33 | つらつら | Comments(0)