「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

覚書。

d0241656_1251951.jpg




封筒とか便箋って買っちゃうな。

それだけのことであって、気にしたことなかったんですけども。
メールでもいいし電話してもいいんだけど
何かしら物を送る時は手紙を一緒に添えて‥が
まあ自然かな、ぐらい。

でもその添える頻度に対して封筒、便箋類を
やたら買ってしまうのはなんだかなあとふと思ったんですが
要は“好き”なんでしょうね。

で、この“好き”とお椀とか彫ってる“好き”は多分一緒で。
いいものが出来た!と思ったら誰かにあげたい。
(買って頂いてますが。)

例えば自分が店舗を持っていて毎日店頭に作ったものが並んでいる。
現状は月一程度の出展。あとは納品先に置いてもらってたり。

仮に自分が店舗を持って、お客さんが来てくれて。
直接反応をそこで見たり聞いたりしたら
作品が作りやすくなったりもっと素直に作れるのかな、と
思う反面、ひと月の中で出展日を抜いた“買ってくれる人々を思う30日”
がなくなったらそれはそれでどうなのさ‥とも思う。

声が聴きたいと思うのに、聞かずに自分のことを
信じたいと強烈に思う。言葉にすると矛盾しているけれど。



便箋みたいな、買った人が誰かの為に使うようなも物。
それぐらい僕からの距離があるものを作りたいと思っています。


そうなるとこの矛盾も少し理解できる気がする。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2013-06-18 12:51 | つらつら | Comments(0)

京都にて

d0241656_2424596.jpg



すくう道具の展です。

「週末食堂にて-4人の男と1人の女と、匙やすくう道具たち-」
2013/6/8(土)~30(日) 期間中火・水曜休
11:00~18:00(最終日は17:00まで) ※7/1(月)は休業

匙のみ、参加させて頂いています。
あまり数を出してないのですが、余裕があれば追加で納品できればと。
会期も長いのでご都合よろしければ是非。


僅かながらですが、匙の仕様が変わりました。
‥といっても毎日のように変わっていっているのですが
今回また一つ新しい事に気づけて、どうにか納得のいくものが出来ました。

置いた時にカラッとしているか。

道具なので使用に違和感がないかだけ注意してきましたが
悩まずにうまくいったな、という匙は置いた時素直に見えます。
素直ってのは僕の中でカラッとしている“感じ”。あくまでも感じなのですが
この感覚で見る時間は同じものを作ろうとするうえで大事なんじゃないかと
“なんとなく”思っています。
勿論それは感覚なので常に疑ってかからなければと強く思います。


疑えるってのは 楽しいことでもあります。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2013-06-09 03:31 | お知らせ | Comments(0)