ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

手創り市

d0241656_227941.jpg


耳飾り

サイズ:Φ4cm

材質:真鍮


8月21日、雑司が谷の鬼子母神で行われる手創り市に参加させていただく
ことになりました。

初参加なので、たくさんの方に知ってもらえるようになるべく多く
モノをもっていきたい。が‥

現在、学校の工作機器で材の切り出しなどを行ってるのですが、工作機器使用期間
が5日まで‥‥

優先順位を考え賢く。
期日が二日あると嫌でも頭がまわります。

今からいい緊張感をもってしっかり作ります。

当日は多数の作家さんたちが出展(出品?)されます
暑くなることが予想されますが、体調に気をつけ奮ってお出かけください。

手創り市
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-07-29 02:27 | お知らせ | Comments(2)

今日のなんてことないはなし

d0241656_0193122.jpg


朝の電車にて。

女子高生A ○○○○○の新曲聴いた?

女子高生B えっ、聴いてない。

女子高生A かなりいいよ。聴きなよ。

そういえば最近音楽を聴くってしてないなあと。
中学、高校の時は毎週のように渋谷のレコード屋に行き、新譜をチェック
するのに躍起になってた‥
それがいつしかぱったりと買わなくなり、新しい曲も聴かなくなり
(正確にはお気に入りの曲をずっと聴いてる。ほとんど古い曲ばかり)


なんていうことを考えていたら、遠くからさっきの会話の続きが。

女子高生A そんな興味ないの?

女子高生B ううん。足りてるの。




足りている‥‥


なるほど。

自分が好きな音楽がある
それを聴けてる
興味がなくなった訳じゃない
今私は十分なのだと

納得。

僕も今足りてます。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-07-24 00:20 | つらつら | Comments(0)

丸舟小皿

d0241656_12454596.jpg

d0241656_1246449.jpg


丸舟小皿

167×120×13(mm)

樹種:朴

蜜蝋仕上げ

ちょうど僕の周りの人たちの環境が変化しだしたころでしょうか。

静かな湖面を漂う丸い舟。

現状から新たな一歩を踏み出すのは、期待と不安
それと少しの決意。

常に変化できる。
軸が“ぶれ”たらいけないが“動ける”ひとはすごい。

些細な環境や関係性の変化が、製作に大きく影響を与え
それはとても大事なこと。

製作することがモノではなく
暮らしの一部に変わってきたからでしょうか
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-07-21 12:47 | Comments(0)

なんてことない、ながいはなし

d0241656_413136.jpg


僕は今現在、学生をしています。そこではデザインを学んでいます。
元々は生きてゆくため(ここでの生きてゆくとは、仕事をし、一定
の収入を得て生活すること)にデザインが必要だと思ったからです。

うつわを作ろうと思いはじめた頃、自分のつくりたいモノでは食べて
ゆくこともままならない、ましてや家族などを養うことなど到底
不可能だと直感のようなものが働き、自分の思考や作品を人に伝え
たり、作り手の中で頭一つ飛びぬけるような‥もっと“賢く”生きて
ゆくには“デザイン力”が自分には足りない。と思ったのが始まり
です。決してそれだけの理由ではないですが(本当に長くなるので)
少なくとも生活をちゃんとするには必要だと思ったのです。
何よりもちゃんと生活しようと思ったのが大きなことでした。
生活していく幸せにやっと気づいたのでしょう。

当時はいろんな作品を作ったり考えたり、悩んだり‥とにかく
“暮らし”は二の次三の次の荒んだ状態でした。

‥とまあそんなこんなで今も日々勉強しているわけですが
毎日のように考えることがたくさんあります。
正確にいうと闘ってるというとこでしょうか。
考え方も少し変わりました。
さっき言った頭一つ飛びぬけてやろうなんて恥ずかしくて。
信じて誠実に作る事で結果はついてくると思えるようにもなりました。

はっきりと言えることはデザイナーは目指してないということです。
(作っているモノを見ればわかるとは思いますが)
しかしデザインのできる人間になろうとはしています。

学内でも少しスタンスの違う僕ですが、モノづくりという点では
そこには何かしらの哲学があり、思想は違えど皆と話たいのですが‥

正直がっかりすることが多いです。
批判をするわけではないのですが、かっこいい、かわいい、おしゃれ。
その程度の理由で大量にモノを生み出していいものか。
少なくとも何がかっこいいいのか、なぜかっこいいのかということを
自分のなかにある絶対的な確信によって語る責任があると思います。
それは既存の価値観ではなく、自分の言葉、哲学で。
そんなことをしゃべれないひとが多いなと。
自分の言葉でしゃべれないひとが。
それは圧倒的に向き合ってる時間が少ないからじゃないのか。

僕の作ってるものは最初から最後まで僕が作っています。
もちろん木は紛れも無く自然が作りだした美しいものです。
それに手を加える。そこに大きな責任を感じながら作ってます。
時に自分が作る必要性を考えます。
正しいか正しくないかと自問自答しながら生活しています。

僕が何も作らなくても世界はまわります。
不必要だと思う、利益を上げるためだけのものも減らないでしょう。

でも信じて作ります。

未熟な僕は作り続けるしかない。
作り続けなきゃ見えてこないことを大事にしたい。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-07-16 02:36 | つらつら | Comments(0)

お知らせ

d0241656_6325145.jpg



出店しています→ iichi

ネットでの販売を始めました。
出品するにあたり、かなり悩みましたが(実際に見て、触れて
もらえないため)少量ずつ、写真等でニュアンスが伝わり“やすい”
ものを出品しています。

今後、基本的にはクラフトフェアや市などで直接手にとってもらえる
ような機会の中で見せれたらと思っています。
またそのような機会がある毎に、当ブログでお知らせしていこうと
思います。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-07-13 06:33 | お知らせ | Comments(0)

うつわ

d0241656_0365982.jpg



Φ14×6㎝

樹種:真樺

蜜蝋仕上げ

衒わず無理のない、理想の姿に近づけるように少しずつ
形にしてゆく。
なかなかうまくはいかないけれども、考え、信じながら。

最終的に何をもって完成とするか。

それは手触りあったり、空気だったり。

ああだこうだ言いながら、最後は言葉にできないことが
大事なのだろう。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-07-11 00:38 | もの | Comments(0)

これから

自分が手の届く範囲。
その円の中でものづくりしていきたい。

無理をせず、考え悩みながら、ゆっくりと正直に。

うつわを主にして作る日々を書き留めていこうと思います。

   
                      只木芳明
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-07-07 20:16 | お知らせ | Comments(0)