ブログトップ

円とマル

entomaru.exblog.jp

カテゴリ:もの( 17 )

2013 8 13

d0241656_11531919.jpg



蓋物



今週末の手創り市をかわきりに、年末まで各地出展で忙しくなりそうです。
在庫も多くないのでなるべく今月中に作り溜めしたいところ。


ずっと放置していたアフリカンパドック(白太)で蓋物を。
亀裂、穴なども案外悪くないかも。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2013-08-13 12:10 | もの | Comments(0)

酒・煙草・女よりも。

d0241656_20241312.jpg





壺です。つぼ。
小さい頃、大人のイメージといったら

酒を飲み煙草をふかして女をたぶらかす‥でかい壺のある屋敷で。でした。

が、酒はそんなに飲まないし煙草はむせる。女性と一緒はドキドキする。
じゃあ壺しかない。壺が欲しかった。

お椀は開いています。
箱は閉まっています。
壺は開いているのに、閉ざしています。

少し影のある姿が好きです。

自分で作ったものだからでしょうか。
ずっと見ているのは少しばかり恥ずかしいです。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2013-03-18 20:41 | もの | Comments(0)

木片 1

d0241656_17562743.jpg



木塊からうつわへ、丸く加工してゆく作業で行なう
荒どりではなるべく塊の端材を出すようにしています。

彫って作った形には、それ相応の屑を出しているわけで、
作業しながらももったいないという気持ちは常にあります。

小さな木屑を多く出さず、なるべく塊で。
これはそれら端材にも次の形を与えたいからです。
(捨ててしまうくらいなら)

未だ答えは見つからず、ですが落とされたカタチがなんだか
いとおしいので漆を一度摺りこみ固めてみる。


幾つか手で持ち転がすと涼しい音がします。

一直線に並べて置くと何かの結界みたいです。

近くで凝視すると山の稜線のように。


次は何が見えてくるのでしょうか。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2012-07-05 17:57 | もの | Comments(0)

花器

d0241656_21104890.jpg




吊り下げ式。

木、糸、金属。異素材を組み合わせるのは久しぶり。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2012-06-23 21:11 | もの | Comments(0)

態度のかたち

d0241656_23473638.jpg


漆に挑戦してみました。

やはり、というか塗料として素晴らしいですね。
同時に難しさも勿論。

今後積極的に使っていきたいと思います。身体で覚えなきゃね。



自分がモノを生み出す意味を毎日考えます。

作るものがうつわにせよ何にせよ、理由なく生み出すことは
いいことだとは思いません。
その理由というものは環境に配慮することが前提だったり。自分の欲望を達成するために
誰かが泣くようなことはあってはならないとも思う。
当然それ以外にも沢山、沢山作る意義のようなものを
考えては作り、考えては作りの繰り返し。

優れたデザインは、それらが練りに練られた痕跡が見てとれる。
そして突き詰めた上にそれを感じさせない身軽さがあると思っている。
形によって解答する。

言葉にすることはどうなんだろう。

自分の中で、決して簡単な問題ではないからついつい硬く強い
言葉が出てきます。
本当はさらりと言いたいけれど。



今、USBが壊れて開かなくなりました。

こういうハプニングの度に、考えていたことが
全部とんでしまう。

データが消えたとか何とかで騒ぐな騒ぐな。
と、さらりと言いたい。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2012-03-04 23:51 | もの | Comments(0)

12.08→12.09

d0241656_1254212.jpg


バターナイフ、マドラー、ピック。

カトラリーを作らせて頂いています。
半ば強制的に、作る機会を自らに与えた。というのか‥‥。
(スプーン等の基本的なものではないですが)
一定の数をあと5日間で仕上げなければいけないので
なかなか大変、楽しく必死。

今の段階ではうまく言えなくて。すみません。

出来た数によっては、手創り市に。


うつわとは勝手が違います。

何よりも削る量。鑿を叩き、普段いかに木屑を出しているか。
カトラリーは無駄がないです。

そんなカトラリーを作る時間というのは、夜中になってしまいます。
徹夜は滅法苦手ですが、若さに任せて‥が現状。

徹夜って、しようと思うと毎回出来なくて、
むしろ早く終わらせて寝ようと思っていると気付いたらしている。

寝ていないと今日は昨日の延長線で、まだ始まってもいなくて
終わってもいない。ちょっとだけこの感覚が好きです。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-12-09 12:55 | もの | Comments(0)

たった一つの小鉢であろうと。

d0241656_2333211.jpg


小鉢

樹種:楢

使い道のない木材と言われ頂きました。
なんだか変な話です。責任もって使うから“材”なんでしょうよ。


この間定食屋に行きました。

なんでもない定食屋に行った。これは僕の中で贅沢極まりないことです。

リストランテなんとかとか、ほにゃらら苑などの遠い彼方にある御食事何処は
幻想ではないかと思ってるのでカウントはしません。
定食食べる。と、決めたのです。
(素うどんばかり食べて体調崩したのが動機)

注文するや、お通しで小鉢が出てきました。

なんか感動したんです。
あまりにお通しの出し方が自然で、温かくて。

何も言わずにそっと。いいですね。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-12-03 02:34 | もの | Comments(0)

病は心持から。

d0241656_149143.jpg

d0241656_1494286.jpg



また一つ反省しました。

ここ最近は大変有難いことに、僕の存在や作品を知っていただくことが
本当に僅かながらあり、恐縮というかビビっているわけですが
自身の気持ちの問題として“応えている”自分というのが
変に出てきてしまったかなと。

只木君、○○○○作ってよ → 僕でよければ良いですよー。

で作るものは自分にとっても気持ちが良いもんだし、
相手のことを考える時間は良い意味で悩める。

でもそれがちょっとしたこと、本当にちょっとしたことで
媚びを売る、顔色を伺うことに変わったりはしてないか‥と
久々に木を彫っていて思ったのです。
使い手である自分より、作り手である自分が半歩前に出てきた。
表現したいことなんかありゃしないのに。

ミルクピッチャーと言いたいですが、ミルクを珈琲に注ぐモノ。
捨てられていた身近な材料で、自分が欲しいものを作りました。
机の上で一人こつこつと。
よっぽどこっちの方が健康的だと思っています。

誤解のないように言いますが、誰かのために作るのが不健康だとは
思ってないです。むしろ声を掛けて頂くことは嬉しいです。

木工作家だとか造形師とかじゃなく、

よくモノを作るんです。好きだから。なるべく無理しないで、誠実にね。

‥‥っていう人でいたいです。


そんでもって長くなりましたが、12月18日に手創り市に出展させていただきます。

年収めも兼ねて、少し実験的な展示になると思います。
(徐々に明らかにしていきますが)

宜しく御願いします。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-11-30 14:18 | もの | Comments(0)

大きい板皿

d0241656_15215838.jpg



まるで新作のように紹介してしまいましたが、木のうつわを
作り初めて一ヶ月‥の時期のもの。

今見ると恥ずかしいけど面白い。

常に新作をここでお見せしたいのですが、いまネタ切れです‥。
(それ以外ならいっぱいあるのだけど)

作品集+やらねばいけないことが終われば随時。

因みに、もう一つのブログ?かたてま工房の方にはアップしました。
良かったら見てください。

かたてま工房
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-11-16 15:23 | もの | Comments(0)

箸一膳

d0241656_12415582.jpg




樹種:月桂樹

サイズ:21cm

ようやくというべきか、箸を作った。
食を盛るものはあるが口へ運ぶ道具はなかった。(菓子切を除いて)

元来箸は神聖なものとして扱われてきたらしい。
(簪も魔よけだった。棒、柱に祈りを見出していたの
でしょうか)
たった二本の棒だが、これほど神経を使い濃密な
制作時間を体験したのは久々だった。

そして有無を言わせぬ充実感があった。

嬉しくなり簡単な出汁巻き玉子を皿に盛り食す。

食事を作るとはこういうことなのか。
[PR]
by yoshiaki-tadaki | 2011-10-29 12:45 | もの | Comments(0)